【絵のお仕事の話】漫画の恩人にようやくお会いできたー!

ようやく編集担当の方にお会いできた話です。
直接話すと色々とまた話も広がって楽しい。

あとがき

インスタグラムの絵をみていただいたことをきっかけに絵を描くお仕事を下さって、実に足掛け3年!それまで挿絵の経験はあったものの、本格的に漫画を描いたこともなく、そんな私にお仕事を下さった漫画人生の恩人とも言える編集の方にお会いできたのでした(オンラインだけど)。

初期の絵柄を見ると、もう目を逸らしたくなる出来栄えだったわけですが、3年も経つとそれなりに(それでもそれなり…)漫画っぽく描けるようになってきたのは、もう単に編集の方が毎回指導して下さったおかげ以外の何者でもないわけです。

これがまた不思議とメールとデータのやり取りだけで3年経ってしまいました。

とはいえ、やはりいつかはきちんと面と向かってお礼を言いたかったので、無理を言ってお時間を作っていただきました。

直接話すことで気づくことや広がる話もやっぱりあるんだなと感じたし、今後のメールのやりとりも相手を想像しながら書けるようになったので、やはりお会いできて本当によかったなと思ったのでした。

オットも仕事相手とは、必ず初回は顔合わせをするようにしているという信念を持っているようで、「確かになー」と感じたのでした。

↓このような連載漫画を描いております

コメント

タイトルとURLをコピーしました