子供達の英語教育

今回は珍しくブログの趣旨の通りの投稿。本当はこういうことをもっと投稿したかったのだけど、どうにも色々実験段階で書くこともなかったのです。

今回は子供達の英語教育についてです。

英語の絵本の音読が出来るようになってきた子供達

英語教室なども見学したが…

子供達の英語教育についてはそれなりに関心はあったから、英語教室の見学をしたり、オンライン英会話も少しだけ試したこともあった。

だが、どれもイマイチぴんとこず。というより、子供の英語なので、「自分で教えられる気がするな・・・」と思ったのが一番だった。

そして何よりも経験上、日常で使わないなら身につかぬとも思っていたので、むしろ大きくなってから海外へ行きたくなったら本気でその時に勉強すりゃあ身につくだろうとすら思っていた(今も思っている)。

耳から語学取得できると便利

さて、とはいえ、耳から英語を取り入れておくと便利なことも身を持って知っていた(一応帰国子女の端くれ)。だから、日本の英語教育に少し不安もあった(机上から始める語学取得)。

本当は耳から自然と入る環境を与えられたらいいのかもしれないが、それはなかなか難しい。

そんな悩みを抱えつつ、日々なんとなーく気が向いた時にだけ英語で絵本を読んだり、英語の歌を歌ったり、出来る範囲で子供達に英語に触れさせる意識はしていたのだった。

きちんと英語と向き合う?

さて、そんなとき、いよいよ長女も小学生になってきて、もう少しきちんと英語に向き合ってもいいかもしれないと思ったのだが、「きちんと向き合う」とはどうやればいいのだろうかとも思った。

問題集を買う?英語の動画を見せる?

そこで、だ。突如思い出したのが、

ババちゃん!

は?と思われるだろうけれど、実はババちゃん自身も帰国子女かつ大学で教鞭を執る英語教育のプロで、かのセ◯ター試験の問題も作るようなプロだったりするのだ…w

そうだ、ババちゃんに聞こう。ってことで私が自宅でもできる英語教育方法を聞いてみようと思ったのだった。

早く聞いておけよ!って?

いやいや、これがまた難しくてですね。身内から習うっていうのはなかなかうまくいかないんですよ。私自身も母から英語を習ったことは数回あったかもですが、だいたいが喧嘩別れしていたので、きちんと学んだ記憶がないです。

でも教える方法なら喧嘩せずに聞けるかも(←)ってことで、聞いてみたのだった。

英語のプロが身近にいた

母はシャドインクという英語教授法を取り入れているので、その方法をまず聞いてみようかなと気楽に聞いたら、

母も少しずつ大学の授業も減らしていたところだったので、

「なら私が教えるよ」

てな具合で、週1回、ズームにて孫たちとの交流も兼ねて英語を教えてもらうことに。

これが、2ヶ月くらい前のお話。

それで粛々と毎週1回、1時間とか2時間弱の英語交流会?をしてもらって、気づいたら絵本が読めていたなーという具合。

チリも積もれば…を実感

とはいえ!これは週1回の授業のあとも、日々私と子供達で復習をしていたのも大きいと思う。つまりほぼ毎日ほんの数分英語の本を読むってのを繰り返した結果なのだ。

耳から聞いて真似する。

それを繰り返す。そういう毎日の少しずつが大きく積もっていくんだなと実感した次第。

これはある意味私にとって希望の持てる結果だった。

「おうちで勉強」すること。つまり、自分で粛々と取り組む姿勢が結局一番大事なのだと、自分の経験上も実感していたけど、子供達にも果たしてそうなのだろうか?と不安だった。

でも、子供達についても、学んだことを少しずつでいいから繰り返すってことが大きく実るのだと実感できたのだった。

子供達が使っている絵本たち

長女はThe giving tree↓

長男はI want my hat back↓

ズームの授業で何をしているかは、また次回!

具体的にどんなことをババちゃんがズームでやっているかを記事に出来たらと思っています。

我が家は中学受験をどうするのか?!について考察した記事はこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました