底力はどこから来るのだろう?

底力について考えた漫画

あとがき

会計士試験だったり東大だったり。それが幸せなんだとか、結果に云々ではなくてですね、「底力」を持っていると、おのずと自分のなりたいことや達成したいことに向かっていけて、結果はついてくるのだろうなと思いました。

子供達には「なりたい自分」になって欲しいし、それに向かってぜひ挑戦してもらいたいのだけれど、「挑戦しようとする気持ち」だったり「自分にはやれるんだ」っていう自信があると達成しやすくなるんだろうなと思ったんです。

私もなんとか合格はできたものの、なかなか苦しい道だったし、合格後の自分の仕事への自信にも影響したような?(ただの努力不足か・・?)まーとにかくこの自信のなさは無駄に自分を引きずりおろすので、そういう気持ちとうまく戦って(もしくは発生すらしないで=オット)切り抜けて欲しいなと思うんです。

そのためには日々どういう言動をすることが重要なのかしら?と考えたのですが、オットの意見だと「考え続けること」と「褒めること」だそうな。

確かに…私はどちらもなかったというか。割と手厳しい家庭に育ったので、褒められることはほぼなく、結構貶され文化な家庭だったと思うんです。そのためか、ひたすら自分に自信がない。しかも怠け者なので考え続けない!

そんな自分の背景もあって、子供らには少なくとも絶対に貶さず、なるべく褒めるということは結構日頃から重視していていたんですが、考え続けるということは果たして・・?

まだまだ模索していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました