【漫画】保育業界から公認会計士へ その④

コルクとスタンバイによる漫画賞のお題に沿って描いてみた作品 パート4です。いざ公認会計士になったものの様々な不調が起き・・・ついに!というお話。

よろしかったら、ツイッターにいいね!やリツイートいただけると評価の ポイントになるらしいので、面倒くさいのは重々承知でよろしくお願いいたします!

前回のお話はこちら↓

次のエピソードはこちら↓

あとがき

コルクとスタンバイの漫画賞への応募として描いている漫画です。この賞、毎週あるので、ペースづくりに役立っています。賞を取る取らないでなくて(もちろん取ってみたいですが)お題に沿って描き続ける練習です。

今月のお題である「かっこいい先輩と上司を紹介してください」として描いたのですけれど、なんかやっぱこう、何か物足りない!漫画は奥深いですね。

描きたいことを描ききれてない感がぬぐえないし、どうしたら良いのかもちょっとわからない。

さて、肝心の内容についてですが、完全に私視点の「癒し現場」のイメージです。もう10年くらい前の話だから時効として描いていいかなと思って描いちゃいましたが、、、、異動前のチームやクライアントをディスりたいわけでは全くないです。本当に色々とお世話になったわけですが、たまたま私には合わなかったというか、私が敏感になりすぎて、力不足だったのだと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました