【漫画】保育業界から公認会計士へ その①

コルクとスタンバイによる漫画賞のお題に沿って描いてみた作品。ひとまず最初の瞬間である、保育業界から公認会計士を目指そうとした瞬間について描きました。

よろしかったら、ツイッターにいいね!やリツイートいただけると評価のポイントになるらしいので、面倒くさいのは重々承知でよろしくお願いいたします!

あとがき

とまぁこんな感じで。シャチョーとセンムと、その下の云々の人々がイケてなかったから辞めたのでした。

仕事は大好きだったし、同僚もとても良かったのでそこは働きやすかったのですよ。幸福度は高かった。けれども、私も若かったし、上とのやり取りにやるせなくなったのと、そもそも「保育士」になりたくて入社したわけでもなかったので(資格持ってない)、先が読めない不安もあったのです(運営側に回りたいと言っていたのに現場ばかりだった)。

というわけで、公認会計士を目指したわけです。

次のエピソードはこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました