投資の勉強を始めてみる

投資初心者です🔰

公認会計士のくせに全く株式投資には詳しくないです。

職業柄制限が色々あるので、自由にもりもり投資できないってのもあるのですが、投資家のために決算書をみる仕事だのに、私自身は投資家としての視点で決算書をみたことがないのです。

でも逆の立場を知っておくのは重要だし、役立つと感じました。

ってことで、投資の勉強メモも更新していきたいと思っております。

株式投資はいかがわしいのか?!

株式投資はいかがわしいと思う方も多いようです。

実際少し株の話を実母の前でしたときは、「そんな話を子供達の前でするな」という反応をされたこともあります。

そんないかがわしいと思われがちな投資をしている投資家のために公認会計士は決算書の監査をしているのか?!

そんなジレンマというか、なんかしっくりこない気持ちになったことがあります。

投機と投資

「投機」といった短期的な取引の類と同じと捉える方が多いからかなと思います。

確かにそういう短期的な株式売買の手法もあるし、成功されている方もいます。

が、ハイリスクなのかもしれないですね。ちょっとこの辺も個人的な感覚で言っているので、わかりませんが・・・。

でも「投資」となると、「投機」とは違って、中長期的な目線で物事を見て資産を運用する意味が含まれてくると思います。

「監査」されたものを大いに利用する

そもそも監査は、投資家の方達が企業へ投資するときの情報弱者リスクを軽減するために行われていることだと思うので、決算書を大いに利用しきった投資方法なら、理論的にはそのリスクは軽減されるはずかなと思うんです。

その際は、決算書の読み方だとか、情報を利用する術がとても大事になるだろうと思うし、そこに至るまではそれなりの勉強が必要になるだろうと思います。

おそらく成功されている中長期的手法の投資家の方たちは決算書類をきちんと読み込んで世の中の流れを頭にいれている方たちなのだろうなと思います。

公認会計士が監査した決算書類を大いに利用している方たちなのかなと思います。(それだけではないと思いますが)

子供達にも役立つ

で、実際、株主の視点から世の中をみてみようと思い立って数日たちましたが、これは子供達にきっと役立つと感じました。

もちろん実質的に資産が増えていく(減ることもあるでしょうが)という役立ち方もするでしょうが、その前に世の中のしくみや情報を得る手段を知るだとか、役立つことがたくさんあるだろうと感じています。

ちなみに私はこういうことがとても苦手な人間で、子供の頃から全くやってきていませんし、親にも言われたことがないです。

でもドリルとか教科書だけでは知り得ないことって、たくさんあるのが世の中で、それを知ると生きる助けになることもあるだろうと感じます

また具体的なことは後ほどの記事で書きます!

またお会いしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました