【ケーススタディ】私の中学受験の話〜御三家はどうなのか〜

さて、新年の目標も立てたところで、次の記事は何にしようと考えていたのですが、やっぱり子供の教育について日々考えようと思って作ったブログでもあるので、教育関係からスタート。

昔のイラスト(本文に関係なし)

子供に選択して欲しい

1番上の長女はまだ小学1年生です。中学受験なんてまだ遠い話のようにも思えるのですが、地域がらすでに塾に行っている子や公文等々で教育熱心な方が多く、我が子もいずれ選択肢の一つとして考える時が来るだろうなぁと感じています。

私自身どう考えているかですが、自分が体験して実際どうだったかを丁寧に説明できるようになった上で、押し付けずに子供に選択して欲しいと思っています。

中学受験してどうだったか(自分が)

だったら私はどうだったのか。

帰国後の学習の遅れがすごかった

私は小学3年生の途中まで海外に住んでいたのもあり、帰国したときは相当の学習の遅れがありました。

漢字もろくに書けないし、読書もままならないしという状態です・・・。

都内にある社宅に住み、日本の小学校の規律や雰囲気に押しつぶされそうになりながらも、なんとか小学校4年生くらいには学校の勉強にはついていけるようになったと思います。

都内から埼玉へ そして塾!

で、小学校5年生のとき、都内から埼玉に移り住むのですが、学校の雰囲気がこれまた違う。教育意識も違いました。

塾や公文に行っている子はほぼいなかったように思います。私も行っていなかったのですが、そのころには私はクラスでは必然的に優等生の部類に入っていたように思います。私が特にできる子ってわけではなかったと思いますが、のんびりした子が多かったので、そうなってしまったという感じ。

で、なにを思ってか、母が突然小学校5年生の途中で「塾へ行ってはどうか」と誘い、あれよあれよと塾へいくはめになりました。

塾では落ちこぼれ

埼玉の中では中堅の塾だったように思います(今はもうない「山田義塾」というところ)。

一番近かったから行ったんだと思いますが、同じ学年でもう1人女の子がいっていて、母が聞きつけて一緒に通うことになりました。

正直言いますと、

本当に嫌でした。

もうね、この頃の気持ちがいまだにトラウマ。

まず、小学校5年生の途中で塾ですから、その中では落ちこぼれとなりました。いくら学校の勉強ができていても、中学受験の特殊な学習には全然ついていけず。

ものすごくつまらなかった。

頭にひとつも入らないまま、1年くらいすぎたと思います。ほんと、何しに行ってたんだろ。

中には、「塾のお友達と遊ぶのが楽しかった」という人もいると思うんですが、人見知りだったりもして、お友達はまるでできませんでしたので、一人ぼっちでつまらない塾に行っていたという具合です(一方で一緒に塾まで通っていた小学校の友達は塾の友達と楽しそうでした)。

色々あって御三家に合格

いや、飛ばしすぎでしょって感じなんですがw

小6の夏まで一つも勉強しなかった私がどうして御三家に合格したのかはまたいつか話すとして、結果として、当時(いまもそうなのかしら)御三家と呼ばれる学校に無事合格し、通うことになったのです。

御三家に通って、結局どうだったのか?!

ここですよね。

結局いい学校と呼ばれるところに通って、よかったのか!?ということですよ。

私はよかった。ですね。

何がよかったかというと、まず6年間のんびりできた(成績にシビアな学校じゃなかった)。

試験勉強ばかりやる学校じゃなかったので、ほんとうにのんびりできた。でも他に趣味もなかったので、そこを伸ばせるチャンスは活かしきれなかったのは残念としかいいようがない!

そして、友達(学友)が素晴らしかった

ここが一番ですね。今のアラフォーになった私の中で残っている印象はこれです。やはり優秀な方が多かった。これは間違い無いです。私はきっとぎりぎりで合格したのでしょうし、入学後も当然の落ちこぼれでしたが、あまり成績を公表したりする学校じゃなかったので、普通に生活できていましたw

でも周りは本当に優秀と感じました。

あとあと効いてくるネームバリュー

在学当時はそれが普通だったけれど、卒業するとわかる良さがあります。

当然つながっている友人たちはやはりいまだに努力家で優秀と感じますし、さまざまな分野で前線で活躍している印象があります。

あとは、ネームバリューがすごいと感じます。

ふと名前を出すと、中学受験を経験した方だと特に、反応が変わります。これには割と戸惑いました。

実際に中にいた人間としては、いたって普通だし、そんなびっくりすることじゃないんですが、世間はこういう反応だということを知り、「いや、私は全然お嬢でもなんでもないんだけど・・・」だのとモゴモゴいっても誰も聞いてくれなくなります。

違和感もありながら、いまだにどう反応したらいいのかわからないことが多いです。

子供達に言えること

なので、結局私は塾が大嫌いだったし、勉強は孤独だったんですね。だから塾を無理強いしたくないと思っています。

でもいま振り返ると、受験したおかげで、いい出会いがたくさんあって、高いレベルの人たちを知ることができて、自分も高めることができて良かったなと思っているんです。

これはきちんと子供達に伝えられることかなと思います。

ただそういう選択肢をしなかったらだめなのかというとそんなこともないと思っています。

なぜならオットは中学受験をしなかったけれど、それはそれで立派に人生を耕せている。中学受験は絶対全てではないのです。これについてはまた今度。

またお会いしましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました