中学受験に英語導入!そんな中での我が家の英語事情

こんにちは 4人のママAyumiです。

過去の漫画たち(本文と関係なし)

小学校の英語の授業は、いかに?

7歳の長女は小学1年生。

小学校にも英語教育が導入されているとのことで、どんな感じなのだろうと思っていたけど、外国人の先生の授業が時折(週1程度)あるようでして、簡単な英会話をやっているようです。

中学入試でも英語導入?!

中学受験にも2020年度において141校で英語が科目として追加されたのだとか。

出されている問題はどんなものかというと、

主に筆記とインタビュー形式の問題が出されているようです。民間試験の点数を申告すると面接は免除だとか、学校によって条件は様々なようです。(情報元サイト→広がる私立中学の「英語」入試とは?

国語、算数、理科、社会、、、が中学入試の科目でした、私の時代は(30年前!)。今は+英語なのですね。

でも選択肢が増えるってことは得意になったら武器にもなるかも(楽観的すぎ?!)。

我が家の英語事情とは

で、我が家ではどうするか

ただただ楽しく触れる程度でいいかなと思っています。今のところ。

へそ曲がりの私は、周りに外国人もいなくて必要性を感じることができない中で無理やり英語を教えるのもどうかと思っているふしもあり(むにゃむにゃ)。

気楽に気楽に会話の道具として身につけていけばいいじゃん?のスタンスで、読み書きより会話から触れさせております。

おすすめ教材はコレだ!

私の母が大学で英語を教える先生をしておりまして、色々楽しい教材を紹介してくれたりして我が家にゴロゴロ転がっていまして。その中から適当に子供達に見せてはやる気出そうなものに取り組む時間を思いついた時(週1程度)やっています。

その中で最近食いつきがとにかくいいのがコレ。

この松香フォニックスは英語教育では有名なところのようで、たくさん教科書を出しています。結構地味ーなのが多い中(失礼な!)これは彩が鮮やかなのと、とっても見やすいので子供達も見ていて楽しいようなのです。

英語に触れるタイミング

なので開いてみせると、全然わかってない次男(3番目の2歳児)も見にきます。

で、私は幼い頃に英語圏に住んでいたこともあって、これらのクイズを適当に英語で聞いて答えてもらう形式を夕食後にやります。ここがチャンスなことが多いです。

こちらはそしてCDもついていて、聞いて見ましたがノリノリの音楽でクイズをネイティブの方が出してくれるので、英語が苦手な方でもいけますよ。そのCDをちゃんと子供達が聞く環境さえ整えておけば!

ということで、我が家は夕食後に私が気が向いたとき(週1程度)にこの教材を使って英語で質問して答えさせる形で英語にゆるっと触れさせていますよというお話でした!それではまた。

他の現在我が家で使っている教材たちはここに集めております。
楽天room

コメント

タイトルとURLをコピーしました